ウイニングポスト7攻略 アローエクスプレス系(子系統確立)

グレイソヴリン系の種牡馬「アローエクスプレス」を系統確立する、ウイニングポスト7の攻略情報です。
アローエクスプレス産駒、リードワンダー産駒の史実馬をエディットすることで、最短で88年に確立できる系統です。カロ系よりは簡単だと思います。

アローエクスプレス系 子系統確立
難易度 特性 史実馬のみで確立 エディット 系統確立できる時期 種牡馬引退年
なし 不可 必要 87年~90年 90年

バージョンによって引退時期が早まる場合があるので、オート進行で引退年を確認して下さい。90年はバージョン2012の場合です。

アローエクスプレス系について

グレイソブリン系を親系統へ昇格させるのに、カロ系確立が難しい場合の代替え案です。(もう一系統はトニービンがあるので) エディットで強化した競走馬で、短期で確立が可能です。アローエクスプレイ系確立後、トニービン系を確立すると、グレイソブリン系が親系統へ昇格します。
トニービン系、カロ系、グレイソブリン系については、以下のページを参考にして下さい。

確立のポイントとなる主な史実馬
馬名 誕生年 馬名 誕生年
キッポウシ 初期セリ サンキンハヤテ( 84年産(赤)
ノアノハコブネ 初期セリ ニホンピロマーチ 84年産(赤)
タケノコマヨシ 83年産(赤) シヨノロマン 85年産(銅)
)はリードワンダー産駒・緑字は牝馬
アローエクスプレス系確立のポイント
  • アローエクスプレスの支配率を日本で5%以上にして確立を目指します。
  • 種牡馬アローエクスプレス、リードワンダーの能力を最大にする。
  • キッポウシ、ノハノハコブネの2頭(A)の能力をエディットで最大にする。
  • タケノコマヨシ、サンキンハヤテ、ニホンピロマーチの3頭(B)の能力をエディットで最大にする。
  • A)の2頭と(B)の3頭をなるべく国内のG1で活躍させ、アローエクスプレス、リードワンダーの種付け料を上げる。
  • 83年、84年のアローエクスプレス、リードワンダー産駒(牡馬)を庭先で合計2頭購入して、88年までに種牡馬入りさせる。
  • 84年、85年はアローエクスプレス+リードワンダーで15頭以上種付け(合計で30以上)して、アローエクスプレス系の支配率を上げる。
  • B)の3頭を88年までに引退させて、自己所有の種牡馬にする。
  • 他系統の確立を同時進行している場合は、アローエクスプレス系を最優先にする。

上記は88年に確立を狙った場合です。 所有するのは(B)の3頭のみでいいと思います。
他系統の確立を同時進行している場合、アローエクスプレス系の確立が確定するまでは、他の系統の支配率を上げ過ぎないようにして下さい。

確立例(89年)
種牡馬名 種付け料 種牡馬名 種付け料
アローエクスプレス 1950万 リードワンダー 1350万
タケノコマヨシ 1500万 ニホンピロマーチ 1500万
サンキンハヤテ 1500万 キッポウシ 800万
オリジナル馬(庭先) 100万 オリジナル馬(庭先) 150万

88年確立を目指しましたが若干支配率が足りなく(多分4.9%)、89年にキッポウシが種牡馬入りしたことで確立できました。 確立時の支配率は5.4%なので、88年確立を目指す場合は、キッポウシを所有する必要があるかもしれません。

ウイニングポスト7攻略(2013/2012/2010/2008対応)

配合理論・系統確立

アローエクスプレス系(子系統確立)